*Shoet DreamU(更新中)*

□【忍足】ナツヘノトビラ
1ページ/2ページ

しとしとと雨が降っている。せっかくの休日だというのに憂鬱だ。
でも、今はそういう時期だから仕方ない。
「侑ちゃん!」
「…どしたん」
久しぶりに立ち寄った実家で、忍足は甲高い声に呼び止められる。
声の主は微妙に顔を合わせたくなかった人物で、忍足は眉間に皺を寄せる。
「そんな冷たい反応しないでよ。せっかく久しぶりに会えたのに」
忍足をからかうような笑みを浮かべながら彼の前に現れたのは、
彼を女性にしたらこんな感じなのだろうと思わせる、猫目の美人。
ちゃん呼びはやめろと言っているのに、一向に対応しようとはしない、小憎らしい家族だ。
美人の姉はよく羨ましがられるけど、得したことなんて一度もない。
「…お互い顔なんて見飽きとるやろ」
「ねぇいつまでこっちにいるのよ?」
「オトンの医学書借りに来ただけや。すぐ下宿戻るで」
それに約束あるし。心の中で付け加える。今日も彼女と約束があるのだ。
分厚い本をカバンにしまうと、足早に玄関に向かう。
「ふぅん」
しかし、なぜかその家族――姉は自分のあとをついてくる。
思い出したように、楽しげに口を開いた。
「そうだ、謙也くんに聞いたわよ。アンタ解剖実習で吐きそうになってたらしいじゃない」
「…ッ!」
その瞬間。忍足のポーカーフェイスが崩れる。本人にしてみれば知られたくなかった恥ずかしい事実。
情報の出所を逆恨みしながらも、忍足は歯を食いしばる。
「そんなんじゃ郁ちゃんにフられちゃうんじゃな〜〜い?」
情けないわねとばかりに、クスクスと笑う姉。
実に楽しそうで、しかも愛しの郁のことまで持ち出されて、忍足の苛立ちは頂点に達する。
けれど弟とは悲しいもので、こんなに腹を立てていても、反論のひとつも許されない。
「…約束あるからもう行くわ」
「郁ちゃんと〜?」
「ちゃうわ!」
違わないけど違うと言い張って。
借りた医学書の入ったトートバッグを引っつかんで、
忍足は実家を飛び出すように出て行く。
外はもう夕暮れ時だった。
さっきまで降っていた雨はやんでいて、どことなく空気も澄んでいるように感じる。
けれど、本格的な夏が始まる前の生暖かい気候は健在で。
駐車場に停めていた愛車に乗り込んだ忍足は、冷房をつけた。
そのまま、微妙にアクセスの悪い下宿マンションに戻ってゆく。


***

待ち合わせ場所はいつもの最寄り駅。今日は近くの小川に二人でホタルを見に行く予定だった。
腕時計で時間を確かめながら、忍足はその場所へと急ぐ。
ポケットに財布と携帯だけを入れて、手ぶらで駆けていく。
待ち合わせの時間にはまだなっていないけど、そこにはすでに愛しの彼女が立っていた。
「侑士先輩!」
自分を見つけたのがよほど嬉しかったのか、
すぐに声を掛けてきて、満面の笑みで手を振ってくる。
「郁」
デートに気合いを入れているのか、今日の彼女はなんと浴衣姿だった。
去年自分が買ってあげた、白地に優しげな撫子の柄がしとやかなあの浴衣。
(…かわええ)
あの憎たらしい女モンスターとは大違いだ。
そんなことを思いながら、忍足は彼女の艶姿に胸をときめかせる。
季節感のある装いはやっぱり素敵だ。
アップに纏められた綺麗な髪も、その髪に飾られた淡い色の花かんざしも、
清楚な彼女にはお似合いすぎて、思わず写真撮影をお願いしたくなる。
しかし、そんな心の内はおくびにも出さず。忍足はいつも通り彼女向けの笑顔を作る。
郁の前でだけは見栄っ張り。いつだってカッコイイ先輩でいたい。
「すまんな。待った?」
「いえ、さっき来たところです」
自分で口にした、カップルのお約束のやりとりに、また心をおどらせる。
「そか、なら良かったわ」
ほな行くで。機嫌よく微笑んで、忍足は郁の手を取って歩き出す。

浴衣の足元は当然下駄だ。
彼女のペースに合わせてのんびりと歩いていたら、日が暮れてしまった。
けれど、今日のデートの目的を考えればちょうどいいタイミング。
にぎやかで店舗の明かりもまぶしい大通りから小路に入って、
街灯もほとんどない細い道を抜けて、二人はようやく今日の目的地に辿り着く。
明かりがないからあたりは真っ暗闇だけど、しばらく待てば目も慣れて、
おぼろげながらもどこに何があるかくらいは分かる。
さらさらと清流の流れる小川。昼間に来れば綺麗な川底も見えて、
小さなお魚にも出会える、地元でも有名な鑑賞スポット。
「わ、スゴイです…」
自分でも気がつかないうちに、郁はそうつぶやいていた。
ゆるやかに漂っているのは、綾なす優しい光の群れだ。
たくさんの小さな黄色い光が、ゆったりとした明滅を繰り返しながら、音もなくあたりを舞っている。
思い思いに、時には互いに追いかけあいながら、絡みあいながら、恋のお相手を探していた。
儚く美しい初夏の風物詩。
「キレイやろ?」
どことなく得意気に、忍足は微笑む。
「はい、キレイです」
郁もまた、そう言って忍足を見上げて微笑み返す。
暗い中でも忍足には分かる可愛い笑顔。忍足は幸せを噛みしめる。
気がつくと、昔の思い出を口にしていた。ずっと昔、まだ自分が小さな子供だったころ。
「…ここな、昔ケンヤや姉貴と来たことがあんねん」
ホタル見にな。自分やイトコの少年時代を思い出しながら、忍足は愛おしげに目を細める。
「そうなんですか?」
「せやで。よう遊んだわ」
開発が進んで、いつのまにか自分の生まれ故郷はずいぶんと近代的に、
それこそ数年暮らした、東京の街のように生まれ変わってしまったけれど。
この場所だけは昔のまま、思い出の中の姿そのままだ。十数年前と同じ、昔ながらの地方都市の風景。
川べりもアスファルトで固められることなく、草木の生い茂る柔らかな地面には、
たくさんの小さな黄色い光がともっている。
「だから、郁とも来れて嬉しい」
宵闇の中、忍足は郷愁に瞳を潤ませる。
幼い頃は何度も引っ越しを繰り返し、ひとつのところに留まることは少なかったけど、
それでも故郷は懐かしく、愛おしいのだ。
「先輩…」
つぶやくようにそう言って。郁も瞳を潤ませる。
「私も、先輩に連れてきてもらえて嬉しいです」
大好きな忍足の、大切な思い出の場所。
連れてきてくれてありがとうございます。そう言って、郁ははにかんだような笑みを浮かべる。
暗がりの中でよく見えないのが惜しいくらいの、愛くるしい表情だ。
蒸し暑く、けれどどこかひんやりとした夏の夜の気配。
淡い光が尾を引いて、音もなく舞い踊る。


***

「あ、そうだ。先輩、帰りコンビニ寄っていいですか?」
「ええけど、何買うん?」
夜だというのに街明かりのまぶしい大通り。
人通りも多く賑やかな、もう既にここはいつもの日常だ。
ホタル観賞からの帰り道。
相変わらず仲のよい二人は、ここでもしっかりと手をつないで、のんびりと歩く。
忍足のマンションから一番近い、コンビニまでやってきた。
そして、店内に入ったその瞬間。
「おっ郁ちゃんに忍足クン!」
「白石先輩!」
「……」
毎度毎度のお約束。忍足はもう驚きもしない。
けれどやっぱりなんとなく不機嫌になってしまうのは、独占欲の強い男の悲しい性なんだろう。
「郁ちゃん、浴衣かわええな。めっちゃ似合うとるで」
満面の笑みを浮かべて、白石は郁を褒める。
最初はナンパのように感じてイライラしてしまった白石のこの言動にも、もう慣れてしまった。
自分もそうだから理解できる。女きょうだいに挟まれて育った白石にとっては、この程度は挨拶なのだ。
彼女もそれは理解しているようで、ニコニコとそつなく対応している。
リップサービスに愛想良くお礼を述べている。
「今日はどっか行っとったん?」
「ホタル見に行ってたんです」
「そっかあ、ええなぁ」
世間話をする二人の横で、忍足は雑誌のコーナーに視線をやった。
並べられていたのは旅行情報誌。表紙には『この夏にしたい100のこと!』
今年の夏はどう過ごそうか。情報誌の表紙を眺めながら、忍足はぼんやりと考える。
自分の地元・関西の街で、大切な彼女と一体どんな思い出を重ねていこう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ