*Shoet DreamU(更新中)*

□【跡部】マイ・バケーション
1ページ/2ページ

背の高いヤシの木に、あちこちで咲いているハイビスカスにプルメリア。
ここは美しいリゾートのビーチ。今日もいいお天気で、自分の目の前には水着の恋人と愛犬がいる。
しかし、跡部は不満だった。相変わらず鈍感なその恋人を、力の限りどやしつける。
「何で真夏のビーチで長そで長ズボンなんだテメーは! 
何で露出度が下がってるんだよ! 真冬でもミニスカはく奴が!」
「日焼けが」
「ふざけるな、俺様がプレゼントしてやった水着はどうした」
「下に着てますけど、だ、だってあれ恥ずかしい」
「恥ずかしいじゃねーよ。ビーチでそんなカッコの方が恥ずかしいんだよ。
今すぐ脱ぎやがれその暑苦しいラッシュガードを!」
日本からはおよそ七時間半の、世界的にも有名なリゾート地。
国内のビーチとはひと味違う開放的なムードで、みんなリラックスしたカジュアルな格好をしている。
スタイルに関係なく、女性もほとんどの人が露出度の高い水着姿で、
長そで長ズボンの郁の方が妙に目立って浮いている。
「でっでも」
それでも恥ずかしさを捨てきれない彼女は、跡部に言い訳をするが。
「でもじゃねぇ」
鋭い瞳で睨まれて、仕方なくラッシュガードを脱いだのだった。


***

(…そうだぜ、これが正しいサマーバケーションだぜ)
パラソルの下、ドリンクを楽しみながら。跡部は眩しそうにサングラス越しの瞳を細める。
青い海、綺麗な砂浜、輝く太陽に紺碧の空。
眼前には愛犬相手にフリスビー投げに興じている、ビキニ姿の愛しの彼女。
「マルガレーテ! いくよっ!」
甲高いかけ声とともに、黄色いフリスビーが投げられる。
名前を呼ばれたアフガンハウンドは、フリスビー目がけて一直線に駆けていき、伸び上がってキャッチする。
つい先日サマーカットにしたばかりの、美しい被毛が潮風になびく。
「よしっ! 持ってきて!」
キャッチ成功が嬉しかったのか、郁は満面の笑みを浮かべて、マルガレーテを手招きする。
フリスビーをくわえたまま、マルガレーテは郁の方に走ってゆく。
「よしよし、イイ子!」
差し出されたフリスビーを受け取って、郁は愛犬を優しく撫でる。
しっかりと褒めてやってからもう一度、郁はフリスビーを構えた。
「マルガレーテ、もっかい投げるよ!」
投げられたフリスビーが、先ほどよりもずっと高く上がる。
マルガレーテは全速力で追いかける。姿勢を低くして猛ダッシュ。
射程距離内に入った瞬間、砂浜を蹴って思い切りジャンプした。
大きく口を開けて、南国の空を飛ぶ円盤を見事にキャッチ。そのまま綺麗に着地する。
「マルガレーテ! すごいよっ!」
見事なジャンピングキャッチに感動したのか、郁は愛犬に向かって駆けだした。
ビーチを走る彼女の、ビキニの胸元は魅惑の渓谷だ。思わず跡部はかけていたサングラスをずらす。
柔らかそうな白い胸が、郁が砂浜を蹴るたびにふるふると揺れる。
男心を癒す、お約束のシチュエーション。
しかし郁は、自分の胸元に注がれている跡部の視線には気づかない。
得意気にフリスビーを差し出す愛犬からそれを受け取り、腰を折って頭を撫でてやっている。
犬を構う後ろ姿。これもまた、ベタだけど眼福のシチュエーションだ。
意外とボリュームのある彼女のヒップが跡部の方に向かって、ごく自然に突き出される。
細い腰と相まって、女性らしい曲線美。
水着の布の面積も小さめだから、男ならつい目で追ってしまうだろう。
(…さすが俺様だぜ)
自分でも気がつかないうちに、跡部は口元をゆるめていた。女の子のヒップは大きめの方がやっぱり好きだ。
心の中で自分の水着のチョイスを褒め称えながら、跡部はかけていたサングラスを外す。
愛しの彼女の水着姿を、もっと楽しみたい。
本人はもうそこまで気にしていないようだけど、
意外と布の面積が少なくてセクシーなこのビキニ、本当に着せてよかった。
しかし。すぐそばで聞こえた甲高い口笛の音に、跡部の機嫌は悪くなる。
目をやると案の定。自分と同じ年頃の見知らぬ外国人、
ではなくボードを抱えた日本人の男性二人が、郁を顎で指してニヤニヤと。
「…ちっ」
反射的に跡部は舌打ちをする。あんな水着を選んで着せたのは自分なのに、
それでも自分以外の男が、彼女の身体を堪能するのは許せない。
ビーチ用のリクライニングチェアから立ち上がる。
彼らを威嚇するように声を尖らせて、愛しい姿の名前を呼んだ。
「――オイ、郁!」
「景吾先輩」
着ていたパーカーを脱いで投げ置いて、跡部はそのまま郁のもとに歩いて行く。
さきほどの男子二人はあからさまにイヤそうな顔をすると、跡部にちらりと視線をやって仏頂面で退散した。
なんだオトコいたのかよ。そんな声が聞こえてきそうだ。
「どうしたんですか?」
「別に」
ナンパ男を追い払いたくて、とりあえず声をかけただけ。返答に詰まった跡部は、適当な言葉を口にする。
「…泳がねぇのかよ」
「え?」
脈絡もなくそう言われて、郁はきょとんとする。マルガレーテも不思議そうな顔で跡部を見上げる。
けれど一拍置いてから、郁は幸せそうに微笑んだ。
ずっとパラソルの下で休んでばかりだった跡部に、遊びに誘ってもらえたのが嬉しい。
「泳ぎますっ」
可憐な笑顔に、跡部はこの地で咲き誇るプルメリアの花を思い出す。

***

マルガレーテをリードに繋いで、パラソルの下で休ませてから。
二人は浅瀬を歩いていた。歩みを進めるたびに、ぱしゃぱしゃと水の跳ねる音がする。
「わぁ、お魚だ」
海で遊ぶ醍醐味は、可愛い生き物たちに出会えることだ。
人の多いリゾートのビーチだけど、浅い場所にも魚がいた。カラフルな熱帯魚や銀色の小魚の群れ。
郁が追いかけようとすると、あっという間に逃げてしまう。
「転ぶなよ」
「は〜い」
整備された浜辺だけど、割れた貝殻や小石が落ちていることもある。転んだら危ない。
跡部は郁に注意をする。
「わ、先輩見てください! ヒトデですっ!」
しかし、彼女は相変わらずだ。話を聞いているのかいないのか。
急にしゃがみ込んで、見つけたばかりの五芒星を海の中から取り出す。
「戻しとけよ、そんなん。刺されるぞ」
「え?!」
跡部の言葉に驚いて、郁は持っていたそれを早速落とす。
ぼちゃん、という音とともに。海の星はあるべき場所へと帰る。
彼女のあまりの驚きように、跡部は一応フォローを入れる。
「…ま、それは大丈夫だと思うけどよ」
「よかった」
郁は安堵の笑みを浮かべる。しかし。彼女は唐突に何かを思い出したように口を開いた。
「あ、そうだ」
ニコニコと跡部におねだりをする。
「先輩、ウミウシ見たいですっ」
「あ〜ん?」
海の宝石とも言われる、美しくも不思議な生き物。
その色鮮やかな姿は、テレビでも時折見かけるほどなんだけど。
「このへん探したらいますか?」
「…このへんにはいねぇんじゃねーのか」
遠浅の人工ビーチにはさすがにいないだろう。跡部はそう答える。
「え〜」
けれど、あからさまにしょんぼりとする郁に、跡部は息を吐いた。
「じゃあ、明日は水族館連れてってやるよ」
「ほ、ホントですか?!」
仕方がなさそうな跡部の言葉に、しかし郁は表情を輝かせる。
「ウミウシがそんなに見たいかお前」
「ち、違いますよっ! 先輩と一緒に行けるから…」
「…フン、どうだかな」
わたわたと言い訳をする無邪気な恋人に向かって、跡部は手を差し出した。
「まあいい、ほら沖行くぞ!」
「はいっ!」
満面の笑みを浮かべて、郁はその手を取る。
美しいリゾートのビーチ。手をつないで、二人は沖に向かってばしゃばしゃと歩いて行く。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ