*Shoet DreamU(更新中)*

□【忍足】二回目の卒業式
1ページ/1ページ

つぼみの膨らんだ桜を見上げたら、また涙をこぼしそうになってしまった。
幼稚舎から高等部までの十二年間過ごしたこの氷帝学園とも、今日でお別れだ。
卒業式もその後のHRも全て済ませて、郁は正門を一人で出た。
振り返って、思い出深い学園の校舎を眺めながら、大切な人にメールを打つ。

――侑士先輩へ。
ついに今日、高等部の卒業式でした。
幼稚舎からずっと通っていた氷帝学園とも、今日でお別れです。
十二年もいたからホントに感慨深くて、最後にはやっぱり泣いてしまいました。
嬉しかったことも、苦しかったことも、いっぱいいろんなことがあったけど、
氷帝で良かったと思いました。
氷帝で、先輩と出会えてよかった。
先輩と一緒の学園生活、すごく楽しかったです。
年がひとつ違うから最後の一年は離ればなれだったけど、春からはまた一緒に過ごせるね。
大好きな先輩と一緒の大学生活、すごく楽しみにしてます。
――郁より。

打ち終わって、携帯をしまって、彼女はつぶやくように言った。
「…それじゃあ、行ってくるね」
サヨナラと言わなかったのは、お別れではなく新たなる旅立ちだと思いたかったからだ。
十二年間過ごした氷帝学園から、そして十七年以上も過ごした東京から。
今日、彼女は巣立ってゆく。
思い出のたくさん詰まった“その場所”に背を向けて、郁は駆け出した。
不意に強い風が吹き、並び立つ桜の木々を揺らす。
今日も空は、泣きたくなってしまうくらいに、青く高く澄んでいた。


End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ