*Shoet DreamU(更新中)*

□【忍足】君と風邪と次の季節
1ページ/1ページ

体温計の表示を眺めながら、忍足はなんともいえない表情で呟いた。
「三十八度五分… カンペキに風邪やな」
「すみません…」
ほんのりと赤い頬で、彼女――郁は謝る。
もう冬も終わりの二月。まだ昼間だというのに、忍足の関西のマンションのベッドの中で、
郁は一人で横になっていた。
熱のせいか意識がぼんやりして、瞳が潤んで身体が熱い。その上、関節までもが痛むような気がする。
身体の中からこみ上げるような寒気を感じて、郁は掛け布団を口元までもってくる。
なんとなく息苦しい。
「いや、別にええねん。つーか、ホンマにゴメンな」
郁の謝罪に、忍足もまた謝った。
体温計をベッドのそばのテーブルに置いて、彼女の頭を優しく撫でる。
自分の身体の弱さを情けなく思いつつも、大好きな忍足に甘やかされて郁は幸せな気持ちになる。
表情もつい緩んでしまう。ただの風邪とはいえ、こうやって気遣ってもらえるのは嬉しい。
「先輩…」
「…冷却シートとドリンク持ってきたるわ。他に何か欲しいもんある?」
「特にないです。ありがとうございます」
「ん、じゃあ待っとってな」
そう言って軽く微笑むと、忍足は部屋を出て行った。

部屋に一人残った郁は、布団の中で大人しく忍足の戻りを待つ。
けれど、自分だけしかいない部屋はやっぱり寂しくて退屈で。
「……」
手持ちぶさたになってしまった、郁はむくりと起き上がった。
ベッドの上で上半身だけを起こす。エアコンの効いた室内はとても暖かい。
改めて膝に掛け布団を掛け直して、手の届く場所に置いていたフリースのブランケットを、
郁はいそいそと羽織った。
かわいらしい淡い花柄で、ボタンがついていてケープのように着れるようになっている、
お気に入りのものだ。
覚束ない手つきで、けれどなんとかボタンを留めると、郁は窓の外に視線をやった。
「わぁ、真っ白だ…」
発達した低気圧と強い寒気のせいで、この関西の地でも数日前からずっと雪が降り続いていた。
灰色の薄曇りの空に、濃い霧が出たように白くけぶる街並み。
ここは街中でそれなりに暖かなはずなのに、雪山かスキー場みたいになっている。
自分たちの生活圏でこんなに積もっているのを見たのは、初めてかもしれない。
未だに雪が積もるとわくわくしてしまう、郁はぽつりとつぶやいた。
「…いいなぁ」
本当は外に遊びに行きたい。けれど風邪を引いている今は、そんなの無理に決まっている。
「…早く治さなきゃね」
彼女が苦笑したそのとき、不意に部屋のドアがいささか乱暴に開けられた。
「郁! ミィ来とったから連れてきたで」
忍足だった。そして彼の腕の中には、ふくふくとしたオレンジの巨体がいた。
ご近所のアイドル、地域猫のミィくんだ。
「え?!」
驚きに郁は目をぱちぱとさせる。
目に入れても痛くない大事な“愛猫”に、まさか今会えるなんて思っていなかったのだ。
忍足はそのまま郁のいるベッドまでやってきて、ミィくんを彼女の膝の上に置いた。
「ミィくん!」
郁は嬉しそうに小さな友人の名前を呼ぶが、
その呼びかけには答えずに、ミィくんは布団の中にいそいそともぐり込んだ。
頭だけを掛け布団の外に出して、冷たい巨体を郁の身体にくっつけてちょこんとお座り。
「ミィくん、元気だった? 雪大丈夫だった?」
小さな後頭部をよしよしと撫でながら、郁はめげずに愛猫に話しかける。
しかし、やはりミィくんは答えない。ぎゅっと目を閉じて、懸命に郁と布団で暖を取っている。
屋外の寒さがよほどキツかったのだろうか。
「もう、ミィくんてば」
「よっぽど外寒かったんやな」
「しょうがないんだから」
郁は仕方がなさそうに、布団の上からよしよしとミィくんの背中を撫でた。
厚い脂肪のコートを纏った身体はすぐに暖かくなって、郁はほっとする。
目尻を下げて微笑んだ。大切な友人を愛おしげに眺める彼女に、忍足も微笑む。だけど。
「…あ、せや冷却シートと飲みもん」
大切な本題を後回しにしていたことを思い出し、忍足はまた部屋を出て行く。
しかし今度は、それらを手にしてすぐに戻ってきた。
テーブルの上にコップとスポーツドリンクの入ったペットボトルを置いてから、
忍足は郁に改めて声を掛ける。
「郁、冷却シート貼ったるからおでこ出し?」
「…えっ? …ハイ」
忍足に言われるまま、郁は前髪を押さえておでこを出す。
丸いおでこに、忍足はぺたりとシートを貼り付けた。
「ん、これでばっちりや」
「…ありがとうございます」
はにかんだ笑顔でお礼を言う郁に微笑み返すと、忍足はベッドのそばに腰を下ろした。
おもむろに携帯を取り出していじり始める。
「…メールですか?」
「ん? ああ、天気予報やで。明日も一日雪降るらしいわ」
「え〜」
郁は驚いたような声を出す。
既に数年に一度レベルで積もっているのに、まだ積もるのだろうか。結構な豪雪だ。
これは雪遊びなんてしてる場合じゃないかもしれない。
「入試、終わったあとでよかったな」
軽く苦笑して、忍足は郁を励ますように言う。
「ハイ… あ!」
忍足の言葉に、郁は何かを思い出したような声を上げて。隣の愛猫に向かって話しかけた。
「ミィくん、聞いて? 私、大学受かったんだよ」
掛け布団の上からオレンジの身体を撫でながら、郁は嬉しそうに試験の結果を伝える。
「春からはミィくんともずっと一緒にいられるよ」
これからもよろしくね。囁くようにそう言って、郁はミィくんを優しく撫でる。
けれど、ミィくんは分かっているのかいないのかといった様子で、のんびりとしていた。
ちらりと郁を見上げると、小さな声でニャアと鳴いた。
めでたいのである、とでも言いたげだ。
「…風邪治ったら、また引っ越しの準備とかせなアカンな」
「はいっ」
この一年は遠距離だったけど、春からはずっと一緒だ。
郁が忍足のいる関西にやってくる。また二人、今度はこの地で一緒に過ごせるのだ。
窓の外で降り続く雪を眺めながら、二人は次の季節に思いを馳せる。

「ほら郁、リンゴやで。食い?」
「わぁ、ありがとうございます」
夜。忍足は引き続き甲斐甲斐しく郁の世話を焼いていた。
ベッドにいる郁にうさぎリンゴを持って行って、食べさせている。
その様子はまるで看護師さんと受け持ち患者さんだ。
その一方で、しっかりと暖まったミィくんは掛け布団の上で丸くなっていた。
「おいしいです」
忍足に剥いてもらったリンゴを、郁は嬉しそうに食べる。
昼間からずっと休んでいたので、少し元気になったようだ。
額には相変わらず冷却シートが貼り付いているけど、心なしか具合も良さそう。
郁がリンゴを食べるしゃりしゃりという小さな咀嚼音に、なぜかミィくんが反応した。
大きな耳をぴくぴくとさせて、のそりと起き上がる。トコトコと郁のすぐそばまでやってきた。
リンゴの入った小さな器に顔を近づけて、ピンクのお鼻をひくひくとさせる。
「ミィくん、これただのリンゴだよ」
食いしん坊のミィくんでも、さすがにリンゴは食べられない。
ひととおり匂いを嗅いで満足したのか、ミィくんはその場に座り込んだ。
また目を細くして、郁の身体に自分の巨体をくっつける。
「相変わらず自由なやっちゃな」
「もう、可愛いんだから」
愛猫のマイペースな仕草に、郁は笑みをこぼす。
ピンクの鼻先をひくひくとさせたり、トコトコと歩いているだけでも、
郁の目には可愛く映って仕方がない。大事な大事な愛猫だ。
ふとあることを思い出し、郁は声を上げた。
「…あ!」
「どしたん?」
「先輩“猫さらい”って、本当にいるんですか?!」
「……は?」
「日吉くんに聞いたんです! ノラネコとか飼いネコとか関係なく外にいるネコさらって、
製薬会社とかに動物実験用に売っちゃう悪い人たちがいるって!」
「……え」
「ミィくん可愛いから、連れてかれちゃうんじゃないかって心配で…」
リンゴの刺さったフォークを持ったまま、潤んだ瞳で郁はミィくんを見つめる。
本当に心配している様子だ。
「…………」
忍足は黙り込む。
大学近くの昔からネコの多いこの地域。けれどもちろん、そんな話一度も聞いたことがない。
当事者のミィくんはチラリと郁を一瞥すると、どうでもよさそうにあくびをした。
「…あんな、郁」
「何ですか?」
「日吉の言うことは信じたらアカンで」


***

――くしゅん。
「大丈夫? 風邪?」
くしゃみをする友人に、鳳は優しく尋ねかける。
灰のような雪がはらはらと舞う、ここは都心の繁華街。
三丁目の交差点で、二人のいるここはちょうどランドマークの百貨店のすぐそばだった。
「いや、別に」
無愛想に、日吉はそう答える。淡々としたその様子は、ちょっと不機嫌なようにも見える。
しかし鳳は全く気にした様子はなく、しれっと話題を変えた。
「あ、そうだ。ちょっとデパート寄っていいかな? 
姉さんに――のソリッドチョコ頼まれててさ」
「…ああ、あのネコのやつか」
「え? よく知ってるね」
意外そうな鳳に、日吉は言葉を濁した。
「…まぁな」
以前もらったことがある、とはさすがに恥ずかしくて言えない。
今は関西にいるはずの、彼女は何をしているのだろうか。
冬の終わりの薄曇りの空を見上げて、日吉はふとそんなことを思う。
そういえば、もうすぐ卒業式だ。


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ