*Shoet DreamU(更新中)*

□【忍足】侑士先輩と愛言葉しりとりをする話
1ページ/1ページ

「センパイっ! しりとりしませんか?」
愛しのカノジョに急にそんなことを言われて、忍足は顔を上げた。
「…どしたん、急に」
先ほどまで自分の向かいに座って雑誌を見ていたカノジョ…郁は、
その雑誌を持ったまま自分のとなりにやってくる。
寄り添うようにくっついてきて、そのページを見せてきた。
「……愛言葉しりとり?」
“絶対盛り上がるパーティーゲーム! 甘い言葉だけでしりとりしちゃお♪”
能天気な雑誌のリードを眺めつつ、忍足は思う。
(つか、コレ完全に合コンゲームやろ…)
最近はパーティゲームなんて言い方をするのか。
なんて関係ないところに感心していたら、
よほどしたくて仕方がないのか、郁が甘えるようにせがんできた。
「楽しそうじゃないですか! 先輩やりましょうよっ!」
相変わらずのワガママぶり。でも、確かにこのゲームは楽しそうだ。
「仕方あらへんなぁ、お前は」
忍足は読んでいた小説を机の上に置いて、改めてソファーに座り直した。

郁もまた雑誌を机の上に置いて、忍足の隣にぴったりとくっつく。
忍足を見上げて、最初の言葉を口にした。
「それじゃあ私からいきますね! 『センパイ大好き』」
“大好き”好きやなぁ、と可愛い彼女のワンパターンぶりに呆れつつも、忍足は次の言葉を口にする。
「…『今日もかわええで』」
ソファーの背もたれの後ろから手を回して、郁の肩を抱き寄せた。
抱き寄せられたのが嬉しかったのか、郁ははにかんだ笑みを浮かべて忍足の肩に頭をもたせかける。
サラサラとした綺麗な髪から、フローラルのコロンが香る。
「…『電話してもいい?』」
「『いいに決まっとるやろ』」
「『ロミジュリみたいな恋がしたいな』」
「…俺はイヤやで、悲恋やん」
「しりとりですからっ! 次センパイ“な”ですよっ」
「ハイハイ… 『何よりもお前が大切や』」
郁の肩を抱いていた手で、忍足は彼女の頭を撫でる。
「…嬉しいです」
そう言って、郁は忍足に抱きつく。
横からだからしがみつくほどではないけれど、忍足の身体にギュッと顔を押しつける。
そのまま次の言葉を口にした。
「『優しいとこも大好き』」
本日二回目の大好きに苦笑しつつも、彼女なりの精一杯の愛情表現なんだと受け止めて、忍足も次の言葉を探した。
いいフレーズをすぐに見つけて、彼女に囁く。
「『今日も一緒におれてホンマに嬉しい』」
これも、紛れもない自分の本心だ。
東京と大阪という遠距離恋愛は辛いことも多いけど、だからこそ一緒にいられる幸せに改めて感謝できる。
高校時代に東京でご近所だった時には、わからなかった気持ちだ。
「…『いつも一緒にいたいな』」
忍足の胸に顔を埋めたまま、郁は甘えるように言う。
「『何があっても離さへんよ』」
しりとりだということを忘れそうになりながらも、忍足は彼女を抱きしめ返す。
すると、郁がまた自分の方を見上げてきた。
「…終わりませんね」
「せやなぁ」
至近距離で目が合って、不意に会話が途切れる。そうなったら、することなんてひとつだけ。
どちらからともなく、二人は唇を重ねていた。長くも短くもない、触れ合うだけの優しいキス。
「…『よそ見しないでね?』」
「『ネコより俺のが好きやろ?』」
唇を離して、けれど見つめ合ったまま、二人はしりとりの続きを囁き合う。
しかし、忍足のお茶目な台詞に郁はつい吹き出してしまう。
「…なんですかそれ」
今はあの太っちょの“彼”はいないのに。
ふと、カーテンの隙間からのぞく美しい月に気がついて、郁は次の言葉を口にした。
「『ロマンチックな夜ですね』」
「…『熱帯夜にしたるわ』」
「『私どうなっちゃうのかな』」
「『何も心配あらへんで。センパイに任しとき』」
「…『今日は大変なことになりそうです』」
そこまで言って、二人はまた無言で見つめ合った。
月の綺麗な秋の夜。
明日も休日で、郁は今日もここ、忍足の部屋に泊まる予定だった。
「――『スマン、我慢できんくなったわ』」
眼鏡を外して、忍足はテーブルの上に置く。
実は抱きつかれたあたりから、正直な下腹部は充血し始めていた。
ジーパンだから多分、彼女には気づかれてないと思うけど。
「『私も…』」
しりとりだからなのか、郁は意外にも恥ずかしがらずに、ノリのいい台詞を返してきた。
「『もうここでええ?』」
「『え〜ベッドがいいです』」
「『素直なエエ子には、たくさんご褒美やらんとな』」
しりとりを続けつつも、忍足は彼女から確約を引き出す。

そしていよいよ、忍足が彼女をお姫様抱っこで抱え上げようとした、そのとき。
「ナ〜〜〜〜〜ゴ」
窓の外から野太い声が聞こえた。
「ミィくんっ!」
その声を聞いた瞬間。郁は表情を輝かせ、忍足の腕の中から飛び出した。
パタパタと窓辺に駆けてゆく。忍足の腕はむなしく空を切る。
「…オカシイやろ」
忍足の繊細な男心はいざ知らず。
郁は窓辺で楽しそうに、食欲の秋でますます巨大化した愛らしい彼を迎え入れている。
開けられた窓から冷たい外気が入り込み、忍足の盛り上がった気持ちと下腹部を容赦なくしぼませていく。
「…ソコは空気読むトコやろ」
悔しさのあまり心の声が外に出ていることに、忍足は気がつかない。
「…ネコより俺の方が好きって」
そこまで呟いて、ふと思い出した。
「……言うてへんかったわ、そういえば」
ふてぶてしいネコの鳴き声が、忍足の部屋に響いた。


End
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ