D-Novel:短編

□飛行機雲を追いかけて
1ページ/3ページ




「あ゛ーーーーっぢーーーー」



蜃気楼がもやもや揺れるアスファルト。

私は、焼け付く日差しの中で、自転車を一生懸命こいでいた。



「せーの!よっこいしょー!よっこいしょー!よぉーーっこーいしょーーーっ!!」

1人なのをいい事に、品のない掛け声と共に重いペダルを踏み込む。

こんなところ、彼に見られたら眉を顰めて「私より若い癖に嘆かわしい」だなんて言うに違いない。

彼は今、ここに居ないから関係ないけどさ。

「みーつーるーぎーのーー…ばあああぁっか!」

右、左、右、左…ペダルを交互に踏みながら、居ない人へ罵倒。

本当にバカ。

この炎天下に自転車で何十キロってこぐ私が、一番バカ。

どこの暇を持て余した中学生なんだろう。いや、私はもう暇な中学生じゃなくて忙しい社会人なんだけど。

「はぁ、はぁ、はぁ…あぁ」

顎を伝って滴り落ちる汗をそのままに、自転車をこぎ続けると、海にぶちあたった。

白い砂浜の先には青い海。同じような青い空との境目を溶かして、青が永遠に続いているようだ。

そして。頭上高く、飛行機雲が一筋、白い線を引っ張って行った。

海の向こう側へ、遠く遠く。

「ああ〜…行っちゃう〜」

それを見送りながら、私は力なく呟いた。



***
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ