荒波少女in世界

□第4話 開幕!世界への挑戦!!
1ページ/4ページ

練習禁止。言い渡された言葉に、ぽかんと口が開いた。えっ、どういうこと。試合まであと2日なのに、練習出来ないの!?



「俺たちは日本代表に招集されたばかりで、チームとして完成していません。この2日間は、チームの連携を高めるために使うべきです」



鬼道の言うとおりだと思ったけど、監督は聞く耳を持たず、全員部屋に戻ることになった。

とりあえずジャージを羽織って、ベッドに寝転がる。……落ち着かない。試合まであと2日しかないのに、練習出来ないなんて。

やっぱり、チームの連携を活すためにも、練習するべきだと思う。負けたら終わりのトーナメントなのに、何で練習禁止なんだろう。

やることも思いつかない。……明王ちゃんのとこ、行ってみようかな。



「明王ちゃーん!ぶべらっ」

「いきなり開けんな」

「いったあ……」



明王ちゃんの部屋のドアを開けた瞬間、ボールが飛んで来て、ものの見事に顔面にぶつかった。そのまま後ろに倒れて後頭部を強打。痛い。



「チッ……おい、大丈夫か」

「明王ちゃんがあたしに優しい……!」

「……お前に怪我させたって円堂にバレたら不味いだろ」

「あっ……うん、そうだね」



そうか、そういうことか。納得はしたけど、なんだろう、このなんとも言えない気持ちは。



「何やってたの?部屋でサッカー?」

「入んな」

「お邪魔します!」

「……」



部屋に入ると、明王ちゃんは呆れたようにため息をついた。止めても無駄だって思ったんだろうな。

部屋の壁には、ボールが当たった跡があった。あそこにボールを当ててた……待って、なら何であたしの方にボール飛んで来たの。



「狙ったの!?」

「あれくらい避けろよ」

「ああうん……うん?いや無理だよ!」



死角から飛んで来たんだから!と主張しても、明王ちゃんはどこ吹く風だ。まあ、試合でボールが体に当たるなんてよくあることだけど。

あたしを一瞥すると、明王ちゃんはベッドに座った。そしてまたため息をつく。



「ねえ、明王ちゃんは監督のことどう思う?」

「……」

「桜咲中で問題を起こしたって……。まさか、今度はイナズマジャパンで……」

「……」

「でも響木監督が連れてきた人で」

「うっせえ」

「あいたあ!」



頭にボールをぶつけられた。確かに人の部屋でうんうん唸ってるあたしもあたしだけど。



「で、明王ちゃんはどう思う?」

「ハア……。……桜咲中の、決勝の対戦相手はどこだった」

「え?」

「10年前、フットボールフロンティアで優勝したとこを考えれば、大体分かるだろ」

「10年前ってそんなの知らな……、!」



今年の優勝は雷門だった。それまでは、40年間無敗だった学校がある。当然、10年前もそうだ。決勝の相手は、優勝したのは、



「帝国、学園……」

「ま、そういうことだろ」



帝国は強かった。でもその勝利を確固たるものにするために、裏から手を回しているやつがいた。影山だ。

確証はない。でも、久遠監督が起こした事件に影山が一枚噛んでいる可能性は、十分にある。



「みんなに教えないと!」

「やめとけ」

「何で!」

「教えたところでどうなる」

「どうって……」

「何にせよ、監督の意図が分かんなきゃ意味ねーだろ」

「監督の意図って?」

「自分で考えろ」



監督の意図。練習禁止の指示に、一体どういう意味があるんだろう。

それに、それはそれとして、だ。監督の過去について、みんなに言うべきだろうか。

誤解は解いた方がいいとは思う。でも、それには影山が絡んでくる。ただでさえ空気がピリピリしているのに、影山の名前を出すのはどうなんだろう。

鬼道はまだ、影山のことを気にしている。明王ちゃんを通して、影山の影を見ている。

影山は、真・帝国で、鬼道のことを最高傑作だと言っていた。影山も、鬼道に執着してるような、そんな気がする。

あの時、影山は海に消えた。捕まったという連絡は聞いてない。今はどこで何をしているのか……。

……って、今は影山のこと考えてる場合じゃないか。ここにいない奴のことを考えてても、しょうがないよね。

黙ってそう考えていると、明王ちゃんは舌打ちした。



「もういいだろ。出てけ」

「……うん、そうだね。あたしも部屋で練習する」

「スタメン取りたいなら、そうするんだな」

「グラウンドじゃなくてもサッカーは出来るもんね!」

「はいはい」



また練習するのか、明王ちゃんが立ち上がった時、廊下から声が聞こえてきた。

どうやら守兄たちが監督に交渉しに行って、にべもなく追い払われたらしい。みんな、監督を不審に思ってる。

「……うるせえな」と舌打ちをした明王ちゃんが、廊下へ出ていった。続いて、煽るような言葉が聞こえてくる。

あたしも出ていくと、みんなは驚きの表情を浮かべた。



「美波!?」

「何で不動の部屋に……」

「っ、不動!」

「俺じゃねーよ。何でもかんでも俺のせいにすんな。こいつが勝手に来たんだ」

「うん、そうだよ。あたしが勝手に明王ちゃんの部屋に来たんだ」



そう言うと、一応は納得してくれた。強く食って掛かるあたり、鬼道は本当に明王ちゃんのことを嫌ってるんだな……。



.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ