拍手御返事

温かい拍手とコメント、本当にありがとうございます!!
◆詩織様へ 

り、り、REBORN!の夢小説は真咲のサイトのものが一番好き、ですと……!?驚きと喜びで地球一周してしまいました……!ふぅ、有り難きお言葉、畏れ多いですがありがとうございます!!またちまちまと更新していきたいと思います。成長して変わったもの、変わらないもの、変えたくないもの、それらと葛藤していく主人公はまさに詩織様たちご自身でもあると思います。是非今後とも懐かしい気分を味わいつつ、楽しんでいただければ幸いです!

2019/04/11(木) 16:28  コメント(0)

◆詩織様へ 

新年早々素敵コメントをありがとうございますーっ!!!!(*^▽^*)
そうなんですよ、ついに最終章なんですよ(´;ω;`)真咲としても感慨深いものがあります。とりあえずイタリア編の締めを完成させてから、悲しみと怒涛のしかし正統派逆ハーな最終章に突入させていただきたいと考えております!
当店開設より早何年、この物語と皆様との結末を是非見届けてやってください!
今年もよろしくお願いいたします!

2018/01/10(水) 20:44  コメント(0)

◆京子ちゃんを気に入ってくださった方へ 

おそれ多い御言葉に拍手、ありがとうございますぅうううううっ!(*^▽^)/★*☆♪
ちょうどそろそろ当店更新しないとあかんと思ってたところなので、手をつけてみようと思います!
ただ狂想曲もMy Dearestもものっそい見切り発車というか思いつきで始めてしまったので、管理人でさえどこに向かっているかわかりません(オイ)ぶっちゃけ落ちくらいしか決めてませ(殴)
そんなこんなですが、またまったり更新再開できればなぁ、と思っております。亀どころかスローモーション更新ですが、気が向いたらまた見にきてやってください(*´∇`*)今後とも、真咲と勿忘草のココロをよろしくお願いいたします!

2017/09/15(金) 01:27  コメント(0)

◆りあ様へ 

りあ様ぁああああっ!!!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚貴女様の御名前を叫びながら小躍りしている真咲です(怪しい)
……げふんげふん、何と申しますか、こんな風にMy Dearestを気に入っていただけるのは本当にうれしいです!!書き手は描く時そのキャラ推しになるものなので、毎回推しキャラが変わりそうなんてお言葉は、光栄きわまりないです( ;∀;)有り難き幸せ!!しかももう3回も読んでくださっているなんて……!!//(/ω\*照)タシタシ
次が誰のターンにするか、他の連載に時間を割くべきか、等考えて結局どの作品にも手がつけられない状態だったのですが(笑)、愛するりあ様のため、次はむっくんターンで決定しました(`・ω・´)ゞむしろ楽しみにしてくださって、本当に本当にありがとうございます!更新に精進いたします( ノ;_ _)ノ

2017/02/24(金) 21:35  コメント(0)

◆My Dearestを気に入ってくださった方へ 

貴女様の御名前を叫びたいぃいいいい!( ̄□ ̄;)!!(笑)いえいえ、気に入っていただけるなんて光栄です!実はあのツナはスレツナのつもりじゃないんですよ(笑)長編を設定上、ツナはお姉さんが好きすぎてああいう成長をしちゃっただけで、スレているわけではありません。ヤンデレちゃっただけなのです(笑)真咲はなるべくキャラクター像を崩したくないので、この話でも各キャラクターの本質は壊していないつもりです( ̄▽ ̄;)
まぁキャラ崩壊は注意書にちゃんと書いておきましたけどね(笑)
了解です、じゃあ次はむっくんターンですね(笑)
真咲も久しぶりにこの間テニプリ&黒バス巡りをしたのですが、たいてい巡ると自分の小説を書きたくなるので、いい機会だと思って更新目指します(笑)

2017/02/24(金) 17:05  コメント(0)

◆My Dearestを気に入ってくださった方へ 

おおおおおなんと!My Dearestを気に入ってくださったんですか!?喜んじゃいますよ!?喜んじゃいますよ!?(殴)
今の年齢からするとこちらの方が描きやすいのですが、当時の開店直後からしたらずいぶん背伸びした長編でした(笑)10年後のみんなが好きすぎて始まった、真咲個人の趣味全開な長編なのですが、貴女様が待っていてくださるのでしたら是非とも更新します!1話ごとが短くて描きやすいので(笑)
久しぶりの復活巡りで当店にお越しいただき、誠にありがとうございます!(ノ≧▽≦)ノ
ちなみに誰が推しですか??(笑)

2017/02/23(木) 19:16  コメント(0)

◆勿忘草で泣いてくださった方へ 

この勿忘草は真咲自身と言っても過言ではないものです。真咲の経験、価値観、それら全てが反映されているため、意見がいろいろ分かれると思います。中には嫌いだという方もいらっしゃるでしょう。でも貴女様は救われたと言ってくださった。それは真咲が貴女様に救われたのと同じことです。貴女様の尊い涙を流させてしまったけしからん小説ですが、少しでも心に響く何かがお届けできていたのなら幸いです。
余裕ができ次第更新再開したいと思いますので、よろしくお願い致します!

2017/02/23(木) 19:09  コメント(0)

◆ASAMI様へ 

お返事お待たせしてしまって本当に申し訳ありません!もったいなすぎるお言葉本当にありがとうございます!
真咲はただの逆ハーより、登場人物一人一人の気持ちをしっかり表現する方が好きなので、読んでくださるお嬢様方の好き嫌いも分かれる書き手なのだと思います。でも、ASAMI様の心に残るものを描けていたなら本望です゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
最近私生活が忙しくてなかなか更新もできず、拍手コメントの御礼もできず誠に申し訳ございません( ノ;_ _)ノ
でも閉鎖だけは致しませんので、ご安心ください(ノ´∀`*)
拍手コメント、本当に本当にありがとうございます!!

2017/02/23(木) 19:00  コメント(0)

◆雪様へ 

雪様、お久しぶりです。実は真咲も雪様と連絡をとりたいと思っておりました。要するに雪様不足です(笑)
勿忘草のヒロインについて、お答えします。ヒロインは、初恋の彼が死んだ事実を認めた上で、彼と共に自分も同じ時間にいよう、何一つ忘れないでいようとしました。ですが、ヒロインの心の中で彼はある意味「信仰」の対象になっています。もともと死を望む傾向にあった自分を「彼を愛するに相応しい人間は自殺したりしない」という理由で律していました。自分の死の先には無しかない、おっしゃる通りです。だからこそヒロインは、死にたかった。早く無になりたかった。でも死んだら家族が悲しむ、という理由では世界から与えられる苦痛に耐えられなかった。ただ、「彼のため」なら耐えられた。ヒロインにとって、体を求めたりすぐに別れたりする所謂一般的な恋愛は、穢れたものでした。自分の愛は特殊で歪んでいるけれど、誰よりも清らかなものであるから、それを守るために生きていた。こんな風に人生を懸けてたった一人を愛して死んでいく人間もいるのだと示すために。それくらい誰かを愛することが人間にはできるだと、自らの青春と人生を懸けて証明したかったんです。でも多人数からの恋愛感情によって、その命懸けの決意に揺らぎが生じてしまった。彼以外の誰かを思ったり考えたりすることは、ヒロインにとって「彼への愛」に対する裏切りだった。だから自分が許せなかったんです。綱吉に許してもらったのは、「自分で自分を許す」ことを許してもらったんです。人の死は、どんなに愛おしい人間のものでも、いつかは思い出になるのだと、ヒロインは痛いほど理解しています。
生きたいと強く願ったのは、他の誰かを大切にしても彼を愛していていいのだと、沢山の人からの愛情によって気付けたからです。
雪様も罪の意識を自分で自分に架さないでください。他にも何でもお答えします。

2016/12/30(金) 00:16  コメント(0)

◆拍手コメントをくださった方へ 

いつも読ませていただいていますなんてありがたやありがたや!(´;д;`) 貴女様のお名前を真咲は連呼したい衝動にかられております!皆様にとってもうREBORNは過去の作品になってしまったのかもしれない……と若干寂しくなっていた時に、貴女様からの拍手コメントをいただき、真咲は歓喜しております!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪いろんな愛、伝わっていましたらうれしいです(*´∀`*)もちろん貴女様への愛も(殴)どの話がお好きですか??キャラクターは誰推しですか??もしよろしければ教えてやってください(*´▽`*)ゞ
厚かましくなんてありません!!確かに忙しいですが、更新できるよう頑張ります!応援のお言葉、本当にありがとうございます!!

2016/09/05(月) 20:21  コメント(0)

次の10件→
[TOPへ]
[カスタマイズ]



©フォレストページ