* ふぞろい四重奏 *



 フ・ラメール国の
『ワガママおてんば姫ベルガ』

 幼なじみで腕は立つが
『女好きのイケメン家臣キース』

 隣国の
『心優しい弟分の王子カイト』

 頭は切れるが
『無口無表情の王子教育係の
 美形青年イグル』

 

 ある日―

『父であるシ・ロナガス王』の
 騙し討ちで見合いに引っ張り
 出され

「家出するからっ!」

 と宣言し姿を消してしまった
 ベルガ。
 それを知ったキースは城を飛
 び出すが…


 ベルガの家出をきっかけに
 四人の冒険の旅が始まる―



 幾人かの
『それぞれ個性の異なる男性達』
 との間で揺れ動いていくこと
 になるベルガの
『女性への変遷』と『その恋の
 行方』
 
 カイトの
『一男子としての目醒めと心の
 変化』
 
 キースとイグル
『ライバル同士の二人の決着』
 
 
 さらに

 見合い相手の
『強引王子』
 と周囲の人間たちも巻き込ん
 で…




 冒険を通じての―
 

 ―四人の成長物語―

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ