銀魂 話

□なに見てはねる?
2ページ/6ページ

団子屋の軒先で見つめ合う男女二人…

「よう、チャイナ。」

「何ヨ。」

見つめ合うより、睨み合うの方が正しくて。

「明日、屯所に来んだろ?」

「依頼が入ったからナ、しょうがなく行く事になったネ」

未だぶっきらぼうに答える少女に、沖田は薄く笑みを浮かべて言った。

「仕事終わったら俺の自室へ寄ってくれぃ。古着があるから持って行って欲しいんでさぁ」

少女は、解ったと頷き、クルリと傘を回転させて去って行った。






「ただいまヨ。」

「おかえり、神楽ちゃん。」

新八は台所からひょこっと顔だけ出して、神楽を迎えた。

「銀ちゃんはー?」

「出掛けたよ。明日の仕事の資材調達。お昼ご飯は僕達だけで食べてていいって。」

神楽から買い物袋を受け取り、中身を確認する。

「もう出来るから待ってて。これ刻んだら出来上がり。」

しばらくすると、トントンと小気味良い音が聞こえてきた。

「ねえ新八ぃ。明日の仕事の後に、もう一個仕事入ったアル」

「え?銀さんからは何も聞いてないよ?」

暖簾を潜る彼の手には、刻まれたネギと小さな器が二つ。また素麺かヨ、と言う文句はかわされ、それは居間のテーブルへ置かれた。

「さっきサドから言われたアル。えと…古着あるから持ってけ…って。」

「ふぅん?それって…古着屋に売ってこいって事かな。折角売っても依頼しちゃったら、依頼料で消えちゃうよね。自分で行けばいいのに。」

「よくわからないアル。」

「銀さん帰ってきたら聞いてみよう。」

うん、と頷き、未だ帰らない主を思い外を見やれば、スイとトンボが通り過ぎた。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ