「○○た隊長は…」



「…てる隊長なんて…。」
 何だ?
 レニの声がよく聞こえない。
「…げてる隊長なんて…。」
 まただ、「げてる」??
「はげてる隊長なんて、嫌いだッ!!」
 ・・・・・。
 ええ〜〜〜〜〜!?


 叫んだ自分に驚いて目が覚めた。
 …夢だった。
 しかし、最近髪の生え際が気になっているのは事実だ。
 レニと初めて会ったときよりも確実に―…言えない…;;
 もしかしたら、この夢は本当のことかもしれない。
 どうしよう。
 そうだ、同じような境遇の人に訊いてみよう!

 そう思い立った俺はすぐに着替えを済ませ、一階に駆け下りた。
 同じような境遇の人…誰がいたかな。
 米田支配人!?
 いやいや、あれは年齢か…。
 しかも支配人は俺じゃないか。
 他には…。
 中嶋親方!?
 確か1月と8月頃は髪がなかったな。
 俺は早速、舞台裏へと足を運んだ。

「あ、大神さん、どうしたんですか?こんな所に。」
「お、親方…?」
 俺は目を疑った。
 親方に髪がある!?
「何ですか?」
「髪…ある。」
「そりゃ、ありますよ!何言ってるんですか!!」
 親方は機嫌を悪くしたようだ。
「えっ、でも…、1月と8月…。」
「あれは仕事で剃ってるんです!!」
「仕事!?そうだったんですか…すみません。」
 仕事でだったとは驚いた。
 俺は早急に立ち去った。
 他に誰かいたっけ…、ずっとそんなことを考えていた。

 ポロロ〜ン♪

 お?ナイスタイミング!
「どうした、大神ぃ〜、そんな険しい顔して。」
「加山!お前、髪が薄くなること気にしてるのか?」
「!?(突然何だ?)」
 加山は黙ったままだ。
「加山?」
「すまん、大神。俺からは何も言えん!アディオ〜ス!」
「あぁっ!」
 何なんだ、一体。
 俺はそのまま食堂へ向かうことにした。

 あ、レニだ。
「どうしたの?隊長…、顔色悪い。」
 こうなったら、直接訊くしかない!!
「レニ!!は、はげは嫌いなのか?」
「はげ…?」
 ごくん。
 少し戸惑っているようだ。
 ど、どう答えるんだ、レニ。
「何言ってるの?」
「だ、だから、俺がは…はげ…。」
 やっぱり言えない;;
「隊長が?どうして?」
 え?
「隊長ははげてなんかないよ。それにボクは見かけで人を判断したりなんかしない。隊長は隊長だ。」
 レ、レニぃ!!
 やっぱりあれは正夢なんかじゃなかったんだ。
 さすがレニだ!
「でも…あんまり好きじゃないかも。」
 え!?
 俺は耳を疑った。
 ま、正夢だったのか…??
「冗談だよ。」
 レニがいたずらっぽく笑った。


 レニがいいならそれでいい。




 あとがき
大神さんで遊ぼう、その1。

サクラ4やってると常に思うんだよね…。
一番、4が危ないよね(笑)
これ、かなりスラスラ書けたんですケド(笑)

親方って…何だろう…;;
髪があるのは中嶋さんで、親方にはないハズ(笑)
まぁいいか。

レニは寛大である。

そして、最後の言葉に見事に繋がっていない。

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ