ホラー

□秋桜怪談校舎‐旧校舎編‐
2ページ/4ページ

 七不思議。
 学校と名の付くところであれば大抵存在する、昔から学校に伝わる怪談。
 たとえば、二宮金次郎の像が夜歩く。たとえば、音楽室のピアノがひとりでに鳴る。
 七つではなく、八つであったり九つであったりと数が変わる場合もある。
 学校に伝わる不思議を全て知れば、不幸になる・死ぬなどという結末を迎えるとされることが多く、最後の一つははっきりとされずに隠されている場合もある。
 これは、とある県立高校に伝わる七不思議を巡る五人の高校生の物語。

     ◆ ◆ ◆

 六月に入り、だんだんと蒸し暑くなってきて、日の光りもきつくなってきた。先週冬服から夏服に移行したばかりのため、朝はまだ若干の肌寒さを感じる。
 一年六組の教室の一つの机の前に、涼しげな青色のセーラー服を着た少女二人と学校指定の白いシャツを着た二人の少年――四人の少年少女が集まっていた。
 「ねぇ、見て。昨日こんなの見つけたの!」
 ボブカットの茶色がかった黒髪を揺らしながら中村弥生は髪と同じ色の瞳に興奮と喜色を浮かべて輝かせながら、机の上に一冊のノートを置いた。
 「このノートがどうかしたのか?」
 男にしては少し長めの焦げ茶の髪に茶色の瞳をした、大人しそうな印象を与える少年、峰山浩太は弥生に聞いた。
 「また弥生の大好きな心霊物?」
 長い黒髪をポニーテールに纏め、前髪を両サイドにお気に入りの水色の花のピンでとめた黒い瞳の少女、内山芽伊里は呆れた表情をその顔に浮かべて言った。
 「なんか、嫌な予感しかしないんだが……」  
 さっぱりとした印象を与える短い黒髪に黒い瞳の少年、如月真人は半袖から出た腕をさすりながら顔色悪く言った。
 「別に呪われちゃいないわよ」
 心外だという表情で弥生は言う。
 「じゃ、なに?」
 芽伊里の言葉に、弥生は待ってましたとばかりに赤い表紙をめくった。
 めくって、最初に出てきたページに書かれた題名らしき文字を指差しみんなに示す。
 弥生の指差した部分を、浩太は声に出し読み上げる。
 「『秋桜高等学校−旧校舎七不思議』……って、旧校舎七不思議?」
 「そう、ここには我が秋桜高校の旧校舎の七不思議が載ってるの」
 弥生は嬉しそうに言う。
 「七不思議って……。この新校舎だけでいくら怪談があると思ってるんだよ? 旧校舎となると新校舎よりさらに多いぞ」
 浩太の疑問と呆れを含んだ言葉に、芽伊里と真人は頷いた。
 県立秋桜高校は創立百二十年の長い歴史のある学校だ。生徒の自由をモットーとしているため校則は緩い、だがレベルは高いという、それなりに人気の進学校だ。旧校舎と新校舎があり、現在旧校舎は立入禁止となっている。
 また、学校にある怪談の数は県内ナンバーワンで、設立約三十年ほどの新校舎も旧校舎に負けず劣らず怪談の宝庫である。
 「まあ、そうだけど。多分これは怪談の中で信憑性のあるものがまとめてあるのんじゃないかな、と思うわけ。ほら、ノート自体から本物の怪談のニオイが結構するのよね!」
 力説するようにそういう弥生のセリフを聞いて、『本物の怪談のニオイ』とやらが分からない彼らの中では『弥生=心霊マニア』のイメージが余計に強くなった。
 弥生は文芸部に所属しており、 昨日は月に一度の大掃除。このノートはそのときに見つけたものだそうだ。
 「かなり古いな。なんか黄ばんでるぞ」
 真人はおそるおそるノートを手に取って言った。真人は怖い話を聞くことが出来ないわけではないが、基本を苦手としている。
 彼らは今まで心霊マニアで幼なじみでもある弥生に引きずられ、幾度となく心霊スポットに足を運んできた。もちろん、はずれもあれば当たりもあった。他の者達は次第に慣れていったが、真人は体験することだけはどうしても慣れることが出来ずじまいでいる。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ