陰陽のディーオ

□8章 食事の時間に
1ページ/11ページ



第八章 ご飯の時間に


レイ視点

 男性陣の部屋がある階に移動して、リゼルさんの言っていた赤い紐がかけられた部屋に向かった。
 ノックをしたら朔弥の声が返ってきて、ノブを回す。

 あら、いい匂い。もう、ご飯運ばれて来ているみたいだね。

「あら、もうみんな揃ってるのね。」
「あぁ、レイで最後だよ。」

 アレスの言うとおり、他の3人はイスに座って待っていた。

「先輩!アレ、頑張ったっす!耐えきったっす!褒めてほしいっす!」
「あー、はいはい。」

 ギルがなんか喚いてるけど、テキトーに聞き流してアタシも空いていた席に座る。

「あら、おいしそうな料理じゃない。」
「あー・・・そうっすね。料理はものすごくうまそうで・・・」
「料理は?」

 なんだい?その含みのある言い方は。

「そうなんすよ!聞いて下さいよ!料理持ってきてくれた人なんすけど、なんか、すんげー・・・すげぇ・・・えっと・・・」
「個性的な方でしたね。」
「そうそれ!それでいいや。」

 なるほど。朔弥にまであんな事を言わせるなんて、何かよっぽどのことがあったのかね。

「まぁ、いろんなヤツがいるってことだよな。」

 苦笑いをするアレスの顔にも、珍しく疲れが見える。
 リゼルさんが部屋を出てから、アタシを呼びに来て、それから・・・・・・そこまで時間が経ってるとも思えないんだけどね。
 何があったの、と目を向ければ、朔弥が答えてくれた。

「二人でいらしたんですけど、付き添いの方が大変疲れた顔をしてまして・・・思わず、栄養ドリンクを渡してしまいました。」

 ん?

「そんなことしてたのか」
「うん。手製の魔法薬だから、よく効くと思う。」

 なんだろうね、ちょっと何か、連れている感じがするんだけど?

「手作りかよ、さっすが〜。」

 説明が足りない気もするんだけど、まぁ、うん。

「・・・なんか、アタシが来る前に、大変なイベントがったみたいだね。お疲れさん。」

 これくらいしか言えることないわ。

「まぁ、それはさておき。」

 アレスの声に、雑談をしていた二人も、そして私も、居住まいを正す。

「これより、臨時会議を始める。」
「はい!」


,
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ