陰陽のディーオ

□6章 痴話喧嘩と部屋割り
2ページ/8ページ





 リゼルは、疲れたように長い溜息を吐く。

「えっと、この事は……うん、おいといて……フォルテ、ラ―グ。この人達は……こちらから、アレスさん、サクヤさん、ギルバートさん、アデレイドさんというんだ」
「よろしくお願いします」
「ふうん…」
「……」

 二人は警戒しているようで、四人をジッと見ているだけ。何も言わない二人に、リゼルは慌てる。

「二人共……えっと、こっちの青い髪の女の人が、フォルテ。金髪の男の人がラ―グです」
「はいはーい。初めまして。アタシは、フォルテ・メギレムというわ。フォルテでいいわよ。よろしくねん」
「……」

 青髪の少女――改め、フォルテはあっさりと簡単に警戒を解き、笑顔を四人に向けた。
 一方の金髪の青年、ラ―グはというと、表情を変えず、ましてや挨拶する事もなく四人を睨むように見続ける。その目には、警戒という文字がぴったりだった。
 そんな彼にフォルテは呆れながら、彼に指をさした。

「んで、この無表情の人は、ラ―グ・ルウナっていうの。ラ―グでいいわ。……ほら、ラ―グ挨拶。あ・い・さ・つ!」

 フォルテに言われ、一言「……よろしく」と言うだけで終わる。フォルテは唇だけ動かす。全くもう、と。
 すると二人の前にアックスが近寄り、嬉しそうに両手を上げる。

「こいつら、なんか事情あってここに住むから! よろしくな!」
「「はあ!?」」

 息ぴったりで二人は、驚き声を出した。アックスは楽しそうにニコニコと子供っぽい笑みをしている。

「それだけっすか!?」

 ギルバートの言葉に、リゼルは頷く。

「驚くよね・・・ラーグが感情だした」
「反応そこなんすか!?」

 そして、苦笑い。
 ラ―グは何とか感情を抑え、アックスに問う。

「いや……何か事情とは……なんかってなんだ?」
「知らん!」
「なんで――」

 知らないんすか!?、と真顔でいるアックスに言おうとしたが、アデレイドが殴ったため強制終了となった。
 フォルテは「し、知らない…て、そ、そんな、はっきり……ふふっ」とプルプル震え、口を押さえ笑いを堪えていた。リゼルはというと、やっぱりな、と言いたそうに片方のこめかみを押さえていた。





次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ